塗装の敵、雨天・湿気

塗装工事に雨天・湿気は大敵です。 多くの塗料は 湿度85%以上での施行を推奨していません。また気温が5℃以下の場合も同様です。雨天等で湿度が高い場合は塗料の乾燥が悪い事は当然ですが、外壁面と塗料が剥がれやすくなってしまいます。 また気温が5℃以下の場合も同様に塗料の乾きが悪く場合によっては一日おいても乾いていない事もあります。

降雨時に塗装工事を行わない事は塗装業者の鉄則ですが、問題は降ったり止んだりの時や、降りそうで降らない時です。このような時はなるべく塗装以外の作業を進めたり、現場を切り上げて道具の手入れをしたり、常に臨機応変な判断で作業をする事が品質の良い塗装を仕上げるには欠かせません。

>>こだわりの塗装工程